相談する弁護士は慌てて選ばない

人身事故に遭った場合、代理人を立てるために弁護士に相談を検討する人もいますが、事故直後のパニック状態で弁護士を決めるのは避けましょう。自分では落ち着いているつもりでも、事故直後は興奮状態にあるため冷静な判断が出来ない可能性があります。そんな時に、慌てて弁護士に相談すると交通事故に強くない弁護士や、苦手とする弁護士を雇ってしまう場合があるからです。信頼出来るか分からない弁護士に依頼した結果、思ったような効果がなかったらお金の無駄遣いになります。

弁護士人身事故の場合、確かに早めに弁護士を介入させた方が良いのは事実です。その結果、実績も分からない弁護士に依頼すると被害者に不利な結果を残してしまう可能性があります。しかし、信頼出来る弁護士かどうかはすぐに分かりませんが実績として交通事故に強いかどうかは聞くことが出来ます。

弁護士選びで失敗しないためにも、弁護士事務所に電話を掛ける場合は「交通事故に強い弁護士を」とジャンルをはっきり伝えてから、事務所側で弁護士を選んでもらうのもひとつの方法です。依頼前にある程度の聞き取りがあるため、状況説明をした後に弁護士事務所が適した弁護士を派遣してくれることもあります。